<   2013年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

佳い新年を!!

大阪から姪っ子&たち(笑)がやってきました。
みんな揃って、2013年最後の夕餉です。
f0308998_22445141.jpg

我が家では、カニやお刺身よりむしろ人気が高い「ぶり大根」。
f0308998_2244193.jpg

そしておもむろに出て参りました。たちクン(笑)セレクションのとっておき。
鹿児島の芋焼酎「五百年蔵」、ど〜だ!器からしてこの存在感!!!
f0308998_22503092.jpg

撮らない手はない!?
f0308998_2304280.jpg

柄杓で1杯ずつグラスに注いでいただきます。
f0308998_22433117.jpg

古酒ならではのコク、芳醇な香り・・・。美味しくない訳がありません。
俄然、たちクンの株が上がります。即刻、今年の最高値を記録しました(笑)
しかしこれは、アベノミクスとかと言う、いかにもあやしげなマジナイによる効果ではありません!

次は、とりあえずの「中締め」として出される、自家製手打ち蕎麦。
朝から息子(じなん)が丹精込めた、渾身の逸品です!!

f0308998_22431797.jpg
f0308998_2249759.jpg
f0308998_22491548.jpg
家族みんな(仕事で帰れない長男除く)と、姪っ子&たちクンで、
とっても美味しく頂きました。
f0308998_2242167.jpg

今年も残すところあと30分ほど。お酒を飲んでは紅白歌合戦をダラダラと見ながら、
しかし時として、鐵学(哲学)も交えながら、カウントダウンの刻を待ちます。

さあ皆さん、2014年はどんな年になるのでしょう?
人々が余計な不安なく、健やかに過ごせる年となることを念じながら・・・・・・
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-31 23:33 | 田舎暮らし | Comments(0)

新年を迎える支度、いろいろ

あと十数時間で元旦。時間は1秒1秒・・・連続しているのに、
3、2、1、0・・・、カウントダウンで年が変わる。ヒシギトイエバフシギ。
昔ほどの実感はないけれど、新年を迎えるためのツールを準備し、
習慣を踏襲する中で感じる、やっぱり本日は、オオミソカ?
f0308998_2127368.jpg

f0308998_21273371.jpg

ねねさんは暫しのひなたぼっこdeいねむり、うつらうつら・・・(笑)
f0308998_21271886.jpg

1週間前オーダーしたカーテンが昨日届いていたので、母屋の縁側に取り付け。
このスペースは今や、我が方のミュージック&リラクゼーションルームとなっています。
f0308998_21271262.jpg

カーテンを新しくして、少しはすきま風の進入を阻止できれば。
居心地を良くして、そうだ!!早く『カナクソの唄』を作らねば!!!
f0308998_2127961.jpg

そして玄関に花を生けます。
f0308998_2127265.jpg

ロウバイ、ナンテン、アオキ、松・・・、その辺にあるものを使って、
我流です(笑)
f0308998_21265996.jpg

・・・と、こんなことで明日は、正月さんにお越し頂けるでしょうか?

これからねねさんと共に、高速バスのバス停まで、姪っ子たちをお迎えに。
ん〜〜、これでだんだんお正月らしくなってきそうだぞ!!
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-31 22:08 | 田舎暮らし | Comments(0)

靄のヴェールに包まれて

大晦日、今朝はあたり一面が靄っていました。
靄のヴェールに包まれて、お天道さまもこの通り。
f0308998_17283623.jpg

朝の第2ラウンドで歩く、ねねさんの散歩道。
左側に日野川、右側に伯備線が平行して走ります。
f0308998_17282916.jpg

日野川に架かる橋から、下流に向かってのショット。
f0308998_17281488.jpg

上流に向かって、柳の木のシルエット。
f0308998_17281182.jpg

岡山発、出雲行きの特急「やくも」が目の前を通り過ぎて、
f0308998_17263890.jpg

数分後・・・、今度は上りの「やくも」が岡山へと走り去っていきました。
f0308998_172630100.jpg

いつもは空席も目立ちますがこの時期、お正月休みの帰省客が
たくさん利用していることでしょう。
我が家にも午後には、大阪から姪っ子たちが帰ってきます。
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-31 17:50 | ねねとお散歩 | Comments(0)

ツンツルテンテン・・・

12月29日、朝の風景。
よく冷えてますが、空の青さが救いです。
f0308998_221988.jpg

前の日に降った雪が、屋根にもこの通り。
その上に深夜のパウダースノーがまぶされて、
f0308998_221562.jpg

木々の枝も真っ白い衣装をまとっています。
f0308998_22799.jpg

f0308998_22554.jpg

こちらの方は、「おひけぇなすって〜〜〜!」
f0308998_221772.jpg

道路もツンツルテンテン・・・、
f0308998_293532.jpg

コレは、ねねさんとお散歩した痕跡です。
f0308998_22018.jpg

大掃除、年賀状の宛名書き、その他いろいろ・・・、
忙しい一日でした。でも宿題はまだまだいっぱいあって、
・・・進んでませ〜ん(寒いのに、汗;)
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-30 02:19 | 田舎暮らし | Comments(0)

雪原をラッセル!!

12月28日、朝起きると30〜40センチの積雪。
おまけに吹雪いていたので、朝のお散歩はショートバージョンで済ませました。

その代わりに・・・ということで夕方は久しぶりにグランドへ。
何よりうれしいフリ〜タイム!!
f0308998_1114637.jpg

f0308998_1325669.jpg

思わずねねさんに、野生が甦ります(笑)マジ顔です!!!
ねねさんには、目の前に何が見えているんでしょうね?
f0308998_1114499.jpg

西の山に沈む、直前の陽光・・・。
f0308998_1325216.jpg

陽の光を浴びながら、まっさらの雪原をラッセル!!
f0308998_1324934.jpg

f0308998_1112992.jpg

そして、ドヤ顔です(笑)
f0308998_1111670.jpg

こっちはヨッコラヨッコラと、後方から追いかけるだけ。おのずとバックショットが多くなりますが、
ここに掲載するとねねさんの尊厳を傷つけることになるので(笑)
省略します。ご了解ください。
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-29 01:36 | ねねとお散歩 | Comments(2)

仕事納めです。

朝からみぞれ混じりの氷雨模様・・・。
寒々とした風景の中で、せわしげに動いているのは鳥たちです。

彼らについてはさすがに、名前が分かります。鴨の女系家族でしょ?
f0308998_1713122.jpg

「クチバシが白い水鳥」でネット検索したら、「オオバン」というヤツだそうです。
f0308998_171847100.jpg

この子の名前は分かりませ〜〜〜ん。(その3/その2と同じなのかな???)
f0308998_1712663.jpg

いよいよ今日で仕事納め。事務所の玄関にしめ縄を飾って、
室内の葉っぱたちにたっぷり水をやって、正月休みに入ります。
f0308998_17184558.jpg

この度のお休みは9連休になりますが、1月6日が締切の原稿書き(ナント原稿用紙40枚!!)、
集落の各会計の監査・・・、この二つは必須の宿題。
あ、もうひとつあった、年賀状の宛名書き・・・。

その他やりたいことがた〜くさんあるのですが、
ねねさんのモ〜レツなお誘いやお酒の誘惑に抗して、どこまでできるでしょうか?
・・・不安です(笑)
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-27 17:21 | その他いろいろ | Comments(0)

今年、たぶん最後の晴天

遅出しですが・・・12月25日、この晴れ間はたぶん今年最後・・・。
会社の周辺でのスナップショット。毎度毎度の「大山さん」です。
f0308998_1641323.jpg

目視できるところ、最後に5個残っている内の3個・・・、ドングリの3兄弟。
たくさん落ちたドングリの実を、いままでにたくさん拾っています。
春にはそれをポットに埋けてみるつもり。
f0308998_16534337.jpg

ん〜〜〜、名前が分かりません。(その1)
f0308998_16405978.jpg

この子も名前が分かりません。(その2)
どなたか、その1,その2の名前、教えていただければ・・・。
f0308998_16534667.jpg

周囲の色合いに同化しながら(ど〜かした?)ひなたぼっこしている
彼は、櫂(かい)クンです。
f0308998_16405029.jpg

冬の日差しのぬくもりをみんな、ありがた〜く享受しています。
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-27 16:54 | その他いろいろ | Comments(0)

速報(笑)今朝の大山

今朝、出勤途中、南部町池野(とっとり花回廊の近く)から見えた大山です。
2カット、取り急ぎ。
f0308998_9235741.jpg

f0308998_9235578.jpg

[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-25 09:25 | その他いろいろ | Comments(2)

境港の「海くら」で、奥日野の「たたら展」

ここは境港の「海とくらしの史料館」、通称「海くら」の企画展示室。
本日午前中はここで「たたら展」の展示作業を行いました。

今回の展示の目玉は、何と言ってもコレ!!!
平安時代の伯耆国大原の刀匠、安綱作の銘刀、国宝となっている「童子切安綱」!!!
f0308998_1833171.jpg

・・・の模造刀です(笑)

旧岸本町の八郷に安綱の碑が建立されていますが、先に言った者勝ちのようなところがあって、
実は元々は奥日野・日南町下阿毘縁(しもあびれ)大原あたりで、たたら製鉄と作刀を
併せ行っていた山伏集団が元で、大同年間(806年頃)に活躍した初代安綱から以後、
「安綱」をブランド名として、200年近く継承し、その間に作刀集団は
数多くの僧兵を抱えていた大山寺(=マーケット)に近い川下に移動して、
その場所をまた「大原」と呼び、大原鍛冶として全国に名を馳せて後、各地に分派していった・・・
伯耆国たたら顕彰会では現在、伯耆(大原)安綱についてこのように推論しています。
f0308998_18325675.jpg
f0308998_18325481.jpg

今回、境港で「たたら展」を行うことになったのには、ぢつはとっても深〜い訳があります。
江戸時代、奥日野の鉄山師たちの請願によって、寒村であった境村に「鉄山融通会所」という
鉄製品の受け渡し(売買)や積み出し、それに伴う金融機能を果たす役所が設置されたことが、
今日の境港市の根幹になった!!という歴史的事実を、再認識&再評価しようということなのです。
f0308998_18332382.jpg

また「たたらの原理=還元反応」を理解していただくためにはまず「燃焼の原理」から
ご理解いただく必要があるとかねがね思っていたので、酸素ちゃんを主人公に
燃焼のパネルを制作。
(ところで、物はなぜ燃えるのか?うまく説明できますか?
 最近の家庭では火を燃やすなんてことがほとんどなくなって、「火」はほんとうに
 縁遠い他人事のようになっていますが、ぢつは現代文明は「ものすごい燃焼」によって
 支えられています。そのことを忘れないように、とのメッセージも盛り込みました)

アニメの『銘刀になった鉄之進物語』も随時上映。
f0308998_18324269.jpg

このアニメはYouTubeにアップされていませんが、これを作ってくれた友人、長谷川洋君による
民話アニメはこんなん↓です。この他、計5タイトルありますので
「鳥取県民話アニメ」で検索してご覧ください。

光明寺のかっぱ(日野町)



ちなみにこれらのアニメ作品の音楽(劇中曲)制作は、トモダチのよしみで
我が方が受け持たせていただきました。(そう思いながら心してご鑑賞くださいね・・・笑)

本日設営したのはあくまで「仮展示」と言うことで、年が明けて1月8日からは
2階の展示室に場所を移し、春まで展示することになります。
  「海とくらしの史料館」 紹介ホームページ

お近くの方はぜひお出かけくださいね。
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-24 19:13 | お仕事がらみ | Comments(1)

ねねさんにクリスマスプレゼント!!

ここは日野川下流域の、某ショッピングモールの駐車場。
珍しいことにお買い物に出かけました。モチロンねねさんにもご同行頂いて・・・。
    (Before)
f0308998_2172987.jpg

アンタは車内でお留守番!と申しましたら、ちょっと不服そうでしたが
f0308998_217273.jpg

今日は朝からお付き合いが忙しくて、きっとオヒルネブソクのはず・・・、
待ってる時間はコレ幸いに、車内で間違いなくよく眠れたはずです。

お店はクリスマスやお正月の買い物客でいっぱい。
ねねさんにもクリスマスプレゼントを!!!ということで、買ってきました。

家に帰ったらさっそく身につけてもらって
       (After)
f0308998_217188.jpg

どう? 似合うかチら???
f0308998_2172124.jpg

おニューの、おそろいの柄の首輪とリードがとても嬉しくて、
さっそくお散歩に。
f0308998_2171091.jpg

・・・なんて、喜んでいるのは我らが方だけですか?
それにしても●●バカですね〜〜〜(笑)ま、いいんですけど。
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-24 02:37 | ねねとお散歩 | Comments(0)