カテゴリ:奥日野の地域なおし( 3 )

高らかに鬨の声!日野軍★秋の陣!!

のぼり旗が秋空にたなびいて、いよいよ始まりました、「日野軍★秋の陣」。
f0308998_12232662.jpg

今日、10月25日土曜日、晴天に恵まれた、ここ日野町根雨。
f0308998_12232549.jpg

役場前の「生きいきひのふれあいまつり」の会場で、その出陣式が
執りおこなわれました。
f0308998_12223083.jpg

ご来賓の皆さんは、勇ましい裃(紙下・・・笑)を身につけてご登壇。
f0308998_12221857.jpg

オレンジ色の揃いのジャンパーを着たスタッフ、関係者が
今か今かと、鬨(とき)の声の合図を待ちます。
f0308998_1222882.jpg

そして「えいえいお〜〜〜っ!!」と気勢を上げて、イベントがスタート。
f0308998_12245246.jpg

「生きいきひのふれあいまつり」は明日も開催。日南町でも
今日明日と「食のバザール」が開催されます。
f0308998_12221011.jpg

今日から11月30日まで開催する「日野軍★秋の陣」。
腕によりを掛けて制作したイベントカレンダーは、要チェック!!
内容充実、新企画もいろいろ、ぜひ読んでみてください。
きっと読むだけでも楽しいですよ〜〜〜(参戦すれば、もっと楽しいです・・・笑)
[PR]
by okimirahagisu | 2014-10-25 12:32 | 奥日野の地域なおし | Comments(0)

拝見してきました、「木のお雛さま展」

先週の日曜、仕事に出かける前に、「木のお雛さま展」に立ち寄ってきました。
会場は日頃、「たたらの楽校」として使わせてもらっている日野町公舎、旧出店近藤。
展覧会の副題には「あらいみえこ追悼展」ともあります。
f0308998_1002620.jpg

あらいさんは長野から地元日野町に移住して6年ほど暮らし、
「風工房」というアトリエで木彫りの人形制作をされ、
昨年2月に62才でお亡くなりになったのだとか。そのあらいさんのお雛さま・・・。
つぼみをモチーフにした、とてもやさしい色合いの作品です。
f0308998_1001897.jpg


日野町のシンボル、そして鳥取県の県鳥、オシドリ。
f0308998_100567.jpg

作品名「お伽犬」、
f0308998_100296.jpg

うさぎが月を見上げている、「月あかり」という作品。
どれもこれも、木のぬくもりがいっぱいで、作者の人柄を表しています。
f0308998_9595943.jpg

あらいさんと親交のあったお二人の人形作家さんの作品も。
おもちゃ作家の若林孝典さんによるカラクリ人形。
f0308998_9594592.jpg

組み木デザイナー、小黒三郎さんのお雛さま。
f0308998_9594222.jpg

昨年改修された明治元年築の「出店近藤」の落ち着いたたたずまいの中に、
人形作家さん三人三様の作品が並び、春めき、華やいだ雰囲気を醸しています。
f0308998_9594078.jpg

家屋の前の水路のも、心なしか春の音色に変わってきているみたい。
4月からは週末ともなれば「たたらの楽校」が開校し、またいろんな方に
お訪ね頂けることでしょう。
f0308998_9592764.jpg

それにしても、女性らしい独特の作風で人形をお作りになっていたあらいさん。
世間の狭い田舎のことなのに、こういった方がおられたこと、
今まで全く知りませんでした。こちらが知ろうとしなかったからか、
それとも、地域の情報ネットワークに問題があるのか・・・・・・。
ほとんど同じ年回りのあらいさん、生前に一度お話ししたかったですね。合掌
[PR]
by okimirahagisu | 2014-02-28 12:57 | 奥日野の地域なおし | Comments(0)

旧日野産業高校のこと

先日「新そば祭」の会場となった、旧日野産業高校。
現在は「鳥取県立日野高校・黒坂施設」という名称となっているようです。

旧根雨高校卒業生である私は、高校生の頃、何かの試合などの際に稀に訪れただけで
その施設、校内の全容を知ることはなかったのですが・・・
f0308998_17531811.jpg

朝夕の散歩が日課になっているねねに付き合っていると、心と時間に余裕があるときは
ふらっと遠出をしたりします。また近所を散歩するにしても、そこで様々な気づきがあり、
ねねとの散歩は地域を見直し、また新発見や再発見をするよい機会となっています。

ねねのお供で、たまたまここを訪れたのは、昨年の7月でした。
f0308998_17531646.jpg

f0308998_17531365.jpg

f0308998_17531199.jpg

永い歴史を感じさせる校内の樹々、グランドをはじめ周辺の圃場をふくむ敷地の広さ・・・、
その佇まいやスケールは根雨高校の比ではなく、まったく驚いてしまい、感動のあまりその足で、
何年か前までこの学校で教鞭をとっておられたK先生のお宅に駆け込んだほどです。

思えば、大正時代に開校して以来、多くの若者の学舎として在り、たくさんの人材を世に
送り出した歴史ある学校です。日野郡を支えてきた学校と言ってもよいでしょう。
f0308998_1753928.jpg

しかし今は、根雨高校と統合されて日野高校となり、農業コースを選択した生徒たちだけが
根雨からバスでここに通って利用しているにすぎないとのこと。本当にもったいない話しです。
その日野高校、統合後は音楽の専門コースや、アウトドアレジャー?の専門コースが開設され、
特長ある独自の在り方が試みられたようですが、今や、わずか1学年100名ほどの定員が
大きく割り込んで、その存続さえ危ぶまれている状態です。
私たちが在学していたときは根雨高だけで1学年250名くらいいたのですが・・・、

お〜い!日野産高、根雨高校の卒業生の皆さ〜ん!!!今日のこの由々しき事態をいかが感じますか?
なんか私たちにできることはないですか〜?

f0308998_17524952.jpg

f0308998_17525113.jpg


ちなみに今週末、16日(土)に『日野高校と地域の未来を考えるフォーラム』
開催されます。関心のある方は(むしろ無い方に!)ぜひお出かけいただければと思います。
日野高校の存続、この旧日野産高の利活用に、みんなで英知を注がなければなりません。
[PR]
by okimirahagisu | 2013-11-12 18:53 | 奥日野の地域なおし