奥日野のおそい春。

雨が降っても矢が降っても、毎日のことなので・・・
最近は敢えてブログにアップしていませんでしたが
語るまでもなく、ねねさんとの朝のお散歩は毎日のこと。

今朝はお天気も良さそうだったので、久々にカメラ持参で
軽トラでいつもの林道に。本日一番のべっぴんさんショットがコレ。
f0308998_21454785.jpg

ねねさんの「疑似獲物」となる木の枝の切れっ端をビュンビュン投げると
待ってましたとばかりすっ飛んでいって、華麗なるフィルディング。
f0308998_21483565.jpg

f0308998_21483853.jpg

場所を移して、またまた棒っきれ投げすると今度は臭い付け。
(じつはこの場所は、ワラビの宝庫。もう少ししたらにょきにょき出てきます)
f0308998_21511049.jpg

今度はウロウロ、ウ●コ場さがし。見事用を足しまして(笑)、
f0308998_21532475.jpg

かように毎朝のお勤めは一日として途切れることなく続いています。

奥日野のおそい春。SNSでは、いち早く季節を伝えることが何よりですが、
ここ奥日野で他所よりいち早く季節を伝えられるのは、寂しいかな「冬の訪れ」だけ。
でも遅いだけに、どこよりも嬉しい春の訪れ。
f0308998_22104590.jpg

去年はタケノコがウジャほど出ましたが、今年はその様子もなく、
竹やぶの中ではめぼしいタケノコをイノさんたちが掘りたくって今年はお終いになりそう。
ねねさんにとってはもの足りない春かも知れませんね。

これからいよいよ農作業も本格化。ちなみに昨日耕耘した田んぼの様子です。
f0308998_220249.jpg

いつもと同じように繰り返す日々、繰り返される季節。
しかし毎日のテイストはビミョ〜に違って、ねねさんもお母さんになって
すこし大人になって、
そんなビミョ〜な違いを味わうのが楽しいこの頃なのです。
[PR]
by okimirahagisu | 2015-04-12 22:21 | ねねとお散歩 | Comments(0)
<< 古民家で“もりさや”コンサート... 奥日野五山、初夏の登頂イベント! >>