旅の妄想がふくらむ駅。

1月26日、日曜日の朝。
宿泊した光澤寺を出発して、まずは最寄りの若桜鉄道・丹比(たんぴ)駅へ。
プラットフォームに出てみると・・・・・・、背中に哀愁を漂わせた、赤いコートの女性がひとり。
よく見ると左側に、アヤシイ男の影。(笑)
f0308998_2273345.jpg

というか、ここで注目すべきは庇を支えている鉄製の柱。
20世紀初頭の輸入レールが使われています。それと線路は単線。
かつては木材を乗せる貨物用の引き込み線もあったとのことですが、
どう見ても線路は1本。雪景色の中に、ローカル線の佇まいがたっぷり感じられます。
f0308998_2273055.jpg

f0308998_2272896.jpg

プラットフォームのひなびた雰囲気の中、時代物のベンチに座る赤いコートの彼女・・・。
f0308998_2412298.jpg

木造平屋建の本屋には改札窓口を備える待合室や事務室。
f0308998_2271865.jpg

このロケーションの中に立つといやがおうでも「旅の妄想」がふくらむはずです。
お金を使わずに旅が楽しみたくなったら・・・、是非、この駅を訪ねるべし!!!(笑)

まだまだ続く、若桜探訪。(押してま〜す)
[PR]
by okimirahagisu | 2014-02-03 02:50 | その他いろいろ | Comments(0)
<< いやぁ、映画って・・・ お泊まりは宿坊で・・・ >>