境港の「海くら」で、奥日野の「たたら展」

ここは境港の「海とくらしの史料館」、通称「海くら」の企画展示室。
本日午前中はここで「たたら展」の展示作業を行いました。

今回の展示の目玉は、何と言ってもコレ!!!
平安時代の伯耆国大原の刀匠、安綱作の銘刀、国宝となっている「童子切安綱」!!!
f0308998_1833171.jpg

・・・の模造刀です(笑)

旧岸本町の八郷に安綱の碑が建立されていますが、先に言った者勝ちのようなところがあって、
実は元々は奥日野・日南町下阿毘縁(しもあびれ)大原あたりで、たたら製鉄と作刀を
併せ行っていた山伏集団が元で、大同年間(806年頃)に活躍した初代安綱から以後、
「安綱」をブランド名として、200年近く継承し、その間に作刀集団は
数多くの僧兵を抱えていた大山寺(=マーケット)に近い川下に移動して、
その場所をまた「大原」と呼び、大原鍛冶として全国に名を馳せて後、各地に分派していった・・・
伯耆国たたら顕彰会では現在、伯耆(大原)安綱についてこのように推論しています。
f0308998_18325675.jpg
f0308998_18325481.jpg

今回、境港で「たたら展」を行うことになったのには、ぢつはとっても深〜い訳があります。
江戸時代、奥日野の鉄山師たちの請願によって、寒村であった境村に「鉄山融通会所」という
鉄製品の受け渡し(売買)や積み出し、それに伴う金融機能を果たす役所が設置されたことが、
今日の境港市の根幹になった!!という歴史的事実を、再認識&再評価しようということなのです。
f0308998_18332382.jpg

また「たたらの原理=還元反応」を理解していただくためにはまず「燃焼の原理」から
ご理解いただく必要があるとかねがね思っていたので、酸素ちゃんを主人公に
燃焼のパネルを制作。
(ところで、物はなぜ燃えるのか?うまく説明できますか?
 最近の家庭では火を燃やすなんてことがほとんどなくなって、「火」はほんとうに
 縁遠い他人事のようになっていますが、ぢつは現代文明は「ものすごい燃焼」によって
 支えられています。そのことを忘れないように、とのメッセージも盛り込みました)

アニメの『銘刀になった鉄之進物語』も随時上映。
f0308998_18324269.jpg

このアニメはYouTubeにアップされていませんが、これを作ってくれた友人、長谷川洋君による
民話アニメはこんなん↓です。この他、計5タイトルありますので
「鳥取県民話アニメ」で検索してご覧ください。

光明寺のかっぱ(日野町)



ちなみにこれらのアニメ作品の音楽(劇中曲)制作は、トモダチのよしみで
我が方が受け持たせていただきました。(そう思いながら心してご鑑賞くださいね・・・笑)

本日設営したのはあくまで「仮展示」と言うことで、年が明けて1月8日からは
2階の展示室に場所を移し、春まで展示することになります。
  「海とくらしの史料館」 紹介ホームページ

お近くの方はぜひお出かけくださいね。
[PR]
by okimirahagisu | 2013-12-24 19:13 | お仕事がらみ | Comments(1)
Commented by 古神道家 at 2015-09-09 19:39 x
 奥日野から奥出雲に抜けて、神世の里、島根県の安来へいって比婆山に上り十神山にいったときの感動は今も忘れません。
<< 速報(笑)今朝の大山 ねねさんにクリスマスプレゼント!! >>